Digital Fabrication 2019

「デジタルファブリケーション」の教材などをまとめたページです。本授業では「コンピュテーショナルデザイン」で学んだライノセラスとグラスホッパーを使い、引き続きモデリングの技術を習得するとともに、レーザーカッター・3Dプリンター・NC加工機といったデジタル加工機を使い、実際にデザインを具現化していきます。授業で使うスライドや授業内容の映像もこのページで閲覧することができます。各自の学習に活用してください。

SESSION 10

2019.06.14

新しいグループに分かれ、課題③「スタッキングツール」をスタートしました。NC加工機をつかってスツールを作るうえで注意すべき点について説明しました。

SESSION 9

2019.06.07

課題②「ツールハッキング」の講評を行い、その後課題③「スタッキングスツール」で使用するNC加工機についてのレクチャーを行いました。

SESSION 8

2019.05.31

課題②「ツールハッキング」のモデルをレンダリングするために、Fusion360をつかったレンダリングについて説明しました。

SESSION 7

2019.05.24

ランダムに分けられたグループに分かれ、課題②「ツールハッキング」のモデリングをスタートしました。今週までに2人がモデリングした道具を組み合わせて、新たな道具を考える課題です。

SESSION 6

2019.05.17

3Dプリンターを使う課題②「ツールハッキング」をスタートしました。様々な分野で使われる3Dプリンターについての解説をしました。 各学生が100円ショップで購入してきた道具をモデリングしました。

SESSION 5

2019.05.10

課題①「ストロングブリッジ」の実験を行いました。6kgまで上げた計測上限に耐えたグループがいくつかありました。

SESSION 4

2019.05.06

前回から引き続き、プロトタイプの制作を行いました。

SESSION 3

2019.04.26

橋のプロトタイプをレーザーカッターで加工しました。

SESSION 2

2019.04.19

グループに分かれて課題①のモデリングを始めました。実験時の細かな条件などの説明も行いました。

SESSION 1

2019.04.05

ガイダンスおよび課題①に関して説明し、課題①で使うレーザーカッターについての解説をしました